コロナ対策商品の現状について

緊急事態宣言も延長されてコロナ禍の中、まだまだ経済的には先行き不安ですよね。それなりの大手の社長たちのFBでの悲痛の叫びや経営の苦しさなどを見ると本当に現状のやばさが伝わってきます。

マスクバブルが終わりに近ずいているというニュースを本日見ました。いわゆる海外製のマスクなどを販売する販売価格がだんだん下がってきたようです。50枚で5000円とかしていた3月末などと比べて、50枚3000円になり、シャープマスク発表後には50枚2500円などになってきているらしいです。

さて、マスクに限らずですが、アルコール除菌液に始まり、体温計、雨がっぱ、さらにはトイレットペーパーや生理用品など色々と特需を生んだものもあります。一覧を下記にまとめてみました。



フード関連

  • デリバリー業界
  • コンビニ
  • スーパー・家庭用食料品店
  • 乾麺
  • 冷凍食品

衛生・健康関連

  • マスク
  • トイレットペーパー
  • 消毒液
  • 体温計 及び使用する電池
  • 生理用品
  • 空気清浄機
  • ハンドソープ・ウェットティッシュ
  • 健康グッズ(ヨガマット等)
  • 家庭用ジム用品(筋トレグッズ等)
  • 自転車

娯楽

  • ゲーム業界
  • スポーツ用品
  • 動画配信・販売
  • レンタルDVD
  • 本屋・出版業界

テレワーク・教育関連

  • テレワークツール・ソフト
  • クラウド関連ツール・ソフト
  • ノートパソコン
  • ディスプレイ
  • WEBカメラ
  • タブレット
  • ワーキングチェア
  • 通信会社

通信販売関連

  • ネットショップ
  • 物流・配送
  • ネット決済システム
  • 置き配用ボックス

その他

  • 株・FX会社
  • AI関連
  • 社労士 
  • コンドーム

芸能人のギャラ事情

本日はガラッと話を変えて芸能人のギャラ事情について記載いたします。芸能人ってすごい稼いでいそうですよね。よくCMランキングとかでトップは数億円とか書いてありますが実際はどうなんでしょうか?立場上、ある程度オブラートに包みながら解説いたします。

まず、芸能人の収入の構成は

・メディア出演
・イベント出演
・広告出演
・最近ではSNS収益

大きく分けるとこの4つです。

大前提は事務所に所属しているので事務所とのパーセンテージシェアになります。これも契約により様々なパターンがありますが平均事務所4、タレント6 です。事務所は必死に営業したり、マネージャーをつけたりして経費もかかってますので。

(イベント出演)

さて収入構成のわかりやすいところからお話ししますとイベント出演は様々な地域や企業のイベントです。出演料〜〜といいうわかりやすいものです。よくあるのは、例えばCM出演している企業とか、出演しているテレビ番組の派生イベント、自治体のイベントが優先になります。大手の新商品イベントや講演会などもあります。さてイベント出演自体のギャラはもちろんタレントの格付けにもよりますが20万(芸人やモデル)〜150万(大御所)くらいです。

(メディア出演)

メディア出演はというと。。数字は言えませんがものすごく安いです。なぜならタレントにとってはメディア出演は自分を知ってもらう、好感度を上げる、ブランディングにもっとも重要だからです。実際一般の人は最近テレビで見なくなると、売れてないな・・とかのイメージになります。だからメディア出演は非常に安いです。1番組ゲストで1本5万(芸人やモデル)〜50万円(超有名)になります。よく冠とか帯という言葉も効くと思いますが、朝の番組などだと週5日あります。30万円のギャラでも30万×週5=150万×4週=月額600万になります。タレントの取り分が6割でも360万の月収になりますので大きいです。それでも税金を引いたら半分くらいですが・・ ただ帯のレギュラーはなかなかとれるものではありませんし、穴も開けれないので体調管理含めて本当に大変です。

(広告出演)

一番大きいのはやはりCMです。広告は年間契約が基本です。企業によりますが1社300万(芸人、モデル)〜6000万(大御所)くらいまであります。広告の場合は1業種1社となり、例えばキリンのCMをやったらサントリーのCMはできません。よく見る綺麗な女性タレントさんでCM1本平均2000万くらいです。3社CMをやっていると6000万です。6割の取り分として3600万になりますので税金引いても2000万近くになりますのでこれは大きな収入源になります。

従来の芸能のビジネスモデルは、テレビなどメディアにたくさん出れるように売り込む。安いギャラだとしてもとにかく出て、認知度・好感度を上げます。そして知名度や好感度を使って企業のCMを獲得して収益を上げます。もちろん帯の番組やドラマ出演など回数を稼げるものも強いですが。残念ながらCMがあまり獲得できない方は代わりにイベント出演を増やします。土日のたびに地方を飛びまわるタレントさんも多いです。

例えば、先ほど例を出した、平日毎日出演する帯番組があると、月手取り200万くらい=年間2400万。CM3本出れたら年間2000万くらい。 つまり平日毎日出ててCM3本も来るような有名なタレントさんでも手取り年収4400万。数多いるタレントの中で一部の勝ち組(サッカーで言えば日本代表クラス)でもこのくらいの収入ですが、これを多いと思うかどうか?皆様いかがでしょうか?

(SNS収益)

最後に最近多いのがSNSでの収益です。例えばブログやYOUTUBEはアクセスごとに広告が表示されるので1アクセス〜〜円となります。0、1円以下の数字ですのでたかが知れていますが、大きなアクセスを稼いでいる人は馬鹿にできない収入です。またSNS内で紹介記事を上げて(いい悪い様々な考えがありますが)企業から広告料をもらうパターンも非常に多いです。最近ではインフルエンサーと言われこれで収益を上げている人も存在しますが、参入ハードルが低い分競争も激しいです。

さて、芸能人のギャラ事情ですが、様々なサイトを見てもここまでリアルなのはないと思います。実際の内情をよくわからない方が聞きかじりで書くパターンや、業務に深く携わっている方は関係上難しいのであまり深く入ったものを見ません。皆様どのように思われましたか?お金だけでいうとプロ野球とかで比べると夢がなく思いますが、やりがいとかは格段に高いんでしょうね。芸能を絡めたマーケティングや広告などでも相談や聞きたいことがあればご連絡ください!






消費行動心理学の基礎編

今日は前回のブランディングに続き消費行動心理学を記載いたします。まずはこちらをご覧ください。
J479152_3L3.jpg
なんとなくCMや看板などで見たことがあると思います。日本人なら名前くらいは知っていると言われるリポビタンDの広告です。

タウリン1000mg(ミリグラム)

なんか凄そうではありませんか?効きそう!!  

実はこれ・・・

【フレーミング効果】 同じ内容でも、呈示のされ方によって理解・判断のされ方が異なること。 例:「タウリン1g配合」よりも「タウリン1000mg配合」の方がインパクトが大きい   「わずかであるが失敗するリスクがある」よりも「成功率はほぼ100%である」の方が安心感が大きい

フレーミング効果は、プロスペクト理論で知られるダニエルカールマンと、エイモストヴェルスキーの共同研究により、1981年に発表されました。

 

フレーミング効果とは、一言で言うと問題や質問の仕方により、意思決定に大きな影響をおよぼすことを言います。

 

 

 

人間は物事を理解するときや何かを選択するときに、無意識になにか「解釈の枠組みのようなもの」を用いています。

 

「なんだかこっちの方が良さそう」と、なんとなくそう思ってしまうのがこれにあたります。

 

 

情報の意味する内容が実質的には一緒であっても、表面的な表現方法の違いで、与える印象が変わり、判断や意思決定に影響を及ぼします。

 

こういった心理作用のことを「フレーミング効果」と呼びます。


5つ買ってもらえると20パーセント引きになります。

より

5つ買ってもらうと1つ無料になります。の方がインパクトがあってお得なイメージになります。

このように見せ方で大きなイメージの差が出ます。

これをビジネスに応用している企業は実は多く、この知識があるかどうかで与えるイメージが変わります。これはブランディングと並んで売り手側の戦略として買いて側に印象コントロールが可能になります。

例えば、日本がアメリカに勝利しました!!と聞いて思い描く映像は、日本が喜んでいるシーンだと思います。しかしアメリカが日本に敗北しました。と記載があると、アメリカ人が悔しがっているシーンが浮かびやすいです。

昨今のマーケティング手法ですと、購入したらどう生活が変わるのか?など具体的に連想イメージさせることが重要と言われますが、消費行動心理学を知っていたら、見え方を変えるだけでイメージを大きく変えることができてしまいます。今日は基礎的な理論ですが、かなりたくさんの手法がありますのでまた機会があるごとにご紹介いたします。




ブランドイメージとは!シャープのマスク

電機メーカーのシャープがマスクを発売すると話題になっていますね。シャープ以外にもトヨタ、日清紡ホールディングス、DMM、ハイブランドなどもどんどん参入しております。

つまり異業種参入です。国の危機に様々な企業が立ち上がってくれるのは本当に頼もしいですね。人工呼吸器やアルコール関連など不足しているものが供給されるのは非常に面白いですね。

シャープのマスクは50枚で2980円ですが、現在ネットなどで見ますと同価格帯でもそれなりに出回っています。(納期が遅いとか様々な理由あり商品もありますが)しかし、なぜシャープのマスクは話題になるのでしょうか?実際私も安心感を持ってしまいます。ちょっと見てみましょう。

例えばシャープにどんなイメージを持たれていますか?

シャープは認知度が高いですし、技術力があるイメージもあります。

title_2.jpg

title_1.jpg

シャープのロゴが入っているだけで不思議と安心感があります。無記名のメーカーと同じ価格、同じ枚数で並んでいたらほとんどの方がシャープを選ばれるでしょう。

これがブランドイメージです。

ブランド・イメージとは、ブランド連想をもとに消費者がブランドに対して抱く知覚のことです。 ブランド=高いもの というわけではありません。例えばジレット=カミソリみたいなイメージの定着がブランドです。しかもそれらは信用力などを兼ね備えます。

私の実績の中でも、大手居酒屋チェーン店で大手エステがプロデュースしたメニューを作ったことがあります。居酒屋チェーンでありながら大手エステのブランド力を使い、エステコラボメニュー=ヘルシー のイメージ戦略に成功して女性客増に貢献した実績になっています。つまり自社の商品が売れるか売れないかの単純判断だけではなく、ブランド力を向上していくことこそが自社の勝利に近づきます。逆にブランド力がそれなりにあるところは、そのブランド力を生かして異業種に参入するべきです。富士フィルムのサプリなどはわかりやすい例です。まだブランド力もなくブランディングを行う力がない企業はすでにブランド力のある企業とコラボをして販売してみるという選択肢もあります。弊社では多くを実現させていますが公表できませんので、他社例ですが、コカコーラのリップクリームなどは分かりやすいですね。ブランド価値と消費行動心理学につきまして、また近いうちに記載したいと思います。


PDCAはもう古い?新しい手法で注目は・・

昨日までにコロナ渦についての情報と考えられる戦略を記載いたしました。この件でも思いますが、正しい情報の収集とインプット、そしてそれらを精査する能力、そして実行する力が必要になります。

そう、PDCAといわれるサイクルはもはや誰でも知っていることだと思います。

Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)のサイクルを繰り返し行うことで、継続的な業務の改善を促す技法です。 

しかし今の情報化社会では少しこれではボトルネックが出てきてしまいます。

そこで注目すべきは、OODA(ウーダ)ループをご存知でしょうか。市場の変化を見て柔軟に戦略を変えていく手法として、変化に弱いPDCAサイクルに代わる手法として取り入れられています。

・Observe⇨情報収集

固定概念に捉われず、視点を変化させて多くの情報を収集します。

・Orient⇨方向性の判断

収集した情報から状況を分析、方向付けを行います。

・Decide⇨具体的な施策の決定

具体的な方針や行動プランを策定。経験や知識のインプットを継続することで直観力を養えます。

・Act⇨行動する

行動しながら状況変化を観察し、一度決めたからとその行動に縛られないようにします。状況次第で柔軟に行動を変えることも必要です。目的が達成されるまでOODAのプロセスを高速回転させることでプロジェクトは最適に近い行動を取り続けられます。


OODA_-_Google_スライド-1536x738

計画ありきのPDCAサイクル


PDCAは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(検証)、Action(改善)の頭文字をとったもので、もともとは工場など現場の生産性を高めるために作られたフレームワークです。
 
決められた工程を、いかに低コストで高い生産性を発揮できるか。最大の分岐ができるテクニックとして様々なビジネス現場で使われきました。
 
まず計画を立ててから実行に移すので、早くても四半期や月単位の改善行動となります。したがって、今の時代のようなマーケットや顧客ニーズの変化が激しい時代では、臨機応変に対応できないというデメリットがあります。

しかしOODAでは常にObserve(情報収集)を行い分析するので、マーケットや顧客ニーズの変化が激しい時代に合います。OODAは、環境変化に柔軟な新たなマネジメントです。


情報共有の徹底

その際にOODAで一番重要な工程は、最初のOである情報収集(Observe)です。

市場や業界、顧客、競合他社、取引先企業の動向といった、できるだけ多くの生情報に触れるには、個々が収集した情報をリアルタイムに共有できる”場所”が必要です。


いかがでしょうか?マーケティングと一言にいっても変化しています。コロナの例がそうですがいかに正しい情報を収集できて分析できるか、それは結果臨機応変な対応につながるのです。ビジネスでもプライベートでも同様ではないでしょうか?弊社でも相当取り入れていますので興味があればお問い合わせください。


経済を止めるな!!③ WITHコロナ

前回までにコロナの状況をまとめてみました。ここからは完全な持論になりますし少なくとも私たちはこのように考えていくと言う決意を記載したいと思います。世界保健機関(WHO)の基準では少なくとも今年は終息宣言が出ないのは間違い無いです。そんな中でどのように生きていくのか?戦っていくのか?が重要な思案のしどころです。

湘南美容外科の相川総院長は下記のようにコメントしてました。

コロナにて死亡する確率や危険水域の年齢層などしっかり勉強した上で、原始時代のように家族のために命がけでマンモスと戦ってくる。そうしないと経済的理由で自殺する人や生活崩壊する人が出てきたり、ストレスで関係が悪くなったり、DVが起きたり、違う問題が発生する。

とコメントしていました。TVで橋下徹先生も同様のことを言っています。

経営者は元々ある意味命がけで仕事に取り組んできたのですでに気がついている人が多いです。 これらと同様に私なりに経済人の今後を考えてみました。

0、年配者や持病がある方のリスクは桁違い

ここはよく考えないといけません。命が何よりも尊いですし自分の大切な人が何かあって本末転倒です。親や持病がある人への気配りや我慢は最大限にすべきことは大前提です。

1、まず正しい知識を持ちましょう。

ワイドショーなどではなくしっかりとした医学的文章が多数出ています。誰でもすぐに調べられます。難しくて読みにくかったって命がかかっているのですから。

→ これでコロナは長期戦であると言うことをある程度想定できるはず。2に記載する対策などもたてれます。

2、対策などマイルールを作りましょう

やるべきこと、できることを最大化した自分の家のルールを決めましょう。手洗い、うがい、アルコール、マスク着用、携帯電話の除菌、自宅に帰ったら服の着替え、顔を触らない、人と会う時には体温を測り合うなど。

3、体の知識を得る & 実行する

免疫力を高めるために、睡眠やストレス、適度な運動(室内でもできる)適度な散歩(日光浴)そして大切なのが笑うこと。食事も偏らないようにする(特にビタミンを)足りない部分はサプリなどを併用。

4、優先順位を考える

本当にその仕事では対面の必要があるか?仕事もプライベートもこの人と今会いたいか?
このお店は大丈夫か? どうやって3密を避けるのか? など常に考えていく。考えて優先した場合は最大限の注意をする。


僕はこれだけ考えています。あとはある意味命がけで会うのですからプライベートなら最高に楽しまないといけませんし、仕事なら絶対結果を出してやるとの意気込みが必要ですので以前よりも強い覚悟で挑めますし後悔ないように人生を送れます。 

逆にダメなのは

・よくわからないけどやばい・・と焦る
・情報を鵜呑みにして流されまくる・・
・自分の持論がない(勉強不足からか)
・何が大切で何が大切ではないかの優先順位がつけれない
・とりあえず何も考えずゆっくりしておこう、そのうちなんとかなるよ
・国が何もやってないとか批判をするだけ

これらの思いの違いで数ヶ月後の人生が変わります。

私も当然に死ぬのは怖いですし親も高齢です。しかし長期戦になりそうな今

afterコロナではなくWith コロナ

どうやっていくのか?です。正しい知識と自分なりの対策の徹底、最後は覚悟。覚悟があるから結果もいいですし、怖いので全力で勉強して対策立てる。でも正直不安もありますよ。でも他に選択肢がないと思っています。

日本経済も正念場です。世界恐慌みたいになった中で日本が、自分が住んでいる地域が、そして自分達や大切な人がどう過ごせるのか?命より大切なものはありませんが、お金や生きがい、人間関係だってその次に大切ですよね。


-4-1-e1586721041891-1118x538.jpg



経済を止めるな!!② コロナ禍はいつまで続く?

前回はコロナについての簡単な内容を記載いたしました。最初にお伝えしますとテレビのコメンテーターやドクターに至ってももちろん私も(当たり前ですが(^^;))本物の専門家はまだいません。コロナの実態は完全解明されているわけではありませんので。

私も立場上、政治家やドクター、企業トップ、医師会などの要職の方とお話しする機会もありますので様々な情報を収集しておりますが上記の通りです。そのため私の意見や分析もあくまで私がいい!と思う要職の方のお話の中から自分的にその通りだと思う内容をキュレーションしたような記載をいたします。

最初に感染症分野でも実績のある米ジョンズ・ホプキンズ大学のデータによると、全世界で感染者の累計は120万人を突破、死亡した人も6万人を大きく超えています(4月5日13時時点)。同大学のデータは、リカバーした人(治療を終えた人)の数も網羅している点が特徴です。

korona.jpg

アメリカは治癒率が4.8%
韓国の治癒率は62.9 %
日本の治癒率は16.4 %

致死率は日本が2.5%と少々高いですが、前回の表にある通り70代以上持病持ちが多く日本の高齢化社会を考えると数字的には高く無いと考えられます。

実施には無症状でなってしまって完治している人や検査ができない人も多くいることから他の病気のように段々と抗体が自然とできてくることで山を越えた後はある程度減少すると思っています。 

ちなみに抗体は、例えば  麻疹(はしか)  は特効薬がなく、子供の頃に一度かかってしまえば抗体ができてもうかからなくなります。またインフルエンザのように一度かかって抗体ができても5ヶ月くらいで無くなってしまうものまで様々であり、コロナの抗体がどのくらい持つかはわかりません。しかし抗体ができることは間違いなく、イタリアなどでは抗体を持った人を医療現場の最前線に働かせることによりリスクを減らし始められたとも聞いております。宣伝ぽいですが、私も現在ダチョウにコロナを打って出来た抗体から作られる製品を研究しています。こちらは近いうちに公表できると思います。この抗体の考え方にも学術的には様々な意見がございますが、私は人間が本来持つ回復力や順応力を信じています。インドに行って現地の水を日本人が飲めばお腹を壊しますが現地の人は壊しません。細菌への抗体や順応力があるからです。人間が持っているメカニズムは本当に素晴らしいものです。


さてこのコラムタイトルの、いつまでコロナ禍は続くのか?についてはノーベル賞受賞者で京都大学の山中先生の日系での記事に記載がありました。

結果から言うと、世界保健機関(WHO)の基準ではウイルスの潜伏期間の2倍の期間に感染者が発生しなければ終息宣言となるようです。コロナの潜伏期間は2週間ですので少なくとも4週間、感染者数がゼロにならないと、終息宣言は出ません。つまり緊急事態宣言を出して感染拡大の第1波を乗り越えられたとしても、新型コロナウイルスを完全に封じ込めるには相当長い期間がかかる。山中教授は「1年以上は続く」と指摘。新薬も年単位でかかるでしょうし山中教授は、ウイルスとの闘いをマラソンに例えましたが実際に長距離マラソン(長期戦)を覚悟するしかありません。コロナに限らず、過去にはペスト、スペイン風邪などから始まりサーズ、マーズなど様々な病気がでてきました。最近ですと数年前のデング熱など日本人には記憶に新しいです。良くも悪くも人ごと、対岸の火事、悪いことは忘れてしまう・・今回はそんな我々に突きつけられた課題だと思います。

次回のコラムでは今何が起こっているのか?何をしなければいけないのか?

を記載させていただきます。


プロフィール

mitsuakitachikawa

Author:mitsuakitachikawa
行列請負人・ヒット商品請負人と言われております。
業界を問わない業務範囲なので様々な情報が集まります。
ビジネス、芸能、政治など軽いところから深い部分までコメントします。

自己紹介 https://tachikawa.fc2.net/blog-entry-1.html

書籍の紹介

◼︎お金をかけずにマスコミにとりあげられるユダヤ式PR術◼︎


◼︎行列請負人の頭の中 大ヒットは「真似」と「組み換え」から生まれる◼︎


◼︎売れる!ネットショップ運営のコツがわかる本◼︎


◼︎自己紹介が9割 出会いの「30秒」で、なぜ人生が変わるのか?◼︎


◼︎ユダヤから学んだモノの売り方◼︎



カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR