経済を止めるな!!① コロナ禍とは

マーケティングの専門家である私の記事を見に来ていただいているのですからまさか第一号記事がコロナになるとは意外だと思います。

この社会状況でコロナは増え続ける、経済活動は瀕死、庶民はメディアに踊らされ不安を煽られ、疑心暗鬼、政治含めて人の批判ばかりになってしまう。


今の状況は太平洋戦争時と似た構図になっています。世界恐慌が来ることは間違い無いと思いますが、その時に自分たちは何をやるのか?どんな準備をするのか?それらを考えてあくまでマーケティング的要素からコロナを考えてみたいと思います。

ところで、ニュースなどで 

コロナ禍  

って書いてありますね。

私もタイトルに使いました。 

これってなんて読むかわかりますか?


正解は・・

コロナカ(ころなか)です。「禍」を「か」と読みます。

調べてみると

「コロナ禍」は「コロナウイルスによってもたらされる不幸」という意味です。


「禍」は訓読みでは「まが」や「わざわい」という読み方がありますが、音読みでは上記のように「か」と読みます。また「禍」という言葉は「よくないこと」や「悪いこと」、「災い」や「不幸せ」といった意味です。


う〜ん、難しい言葉ですが意味はよくわかりましたね。

さてそのコロナ禍は一体いつまで続くのか?

まず厚生労働省のHPから抜粋した4月8日現在のコロナウィルスの感染者数と重症化数と死亡者数にななります。

93033496_10213807945871351_5296664436633763840_n_convert_20200414154257.jpg


昨日40代の基礎疾患ある方が亡くなったので40代は3名に増えたと思います。
現状30代以下の方は一人も亡くなっていない
圧倒的に70代以上の方の死亡率が高いのが分かります。

これはだから若い人は平気という話では無いのですが、経済活動を止めるか止めないかを考える際の一つの指標になることは間違いありません。次回それではこのコロナ渦はいつまでつづくのか?耐え続けるべきか?をノーベル賞の山中先生のコメントを引用しながら解説したいと思います。

コメント

非公開コメント

プロフィール

mitsuakitachikawa

Author:mitsuakitachikawa
行列請負人・ヒット商品請負人と言われております。
業界を問わない業務範囲なので様々な情報が集まります。
ビジネス、芸能、政治など軽いところから深い部分までコメントします。

自己紹介 https://tachikawa.fc2.net/blog-entry-1.html

書籍の紹介

◼︎お金をかけずにマスコミにとりあげられるユダヤ式PR術◼︎


◼︎行列請負人の頭の中 大ヒットは「真似」と「組み換え」から生まれる◼︎


◼︎売れる!ネットショップ運営のコツがわかる本◼︎


◼︎自己紹介が9割 出会いの「30秒」で、なぜ人生が変わるのか?◼︎


◼︎ユダヤから学んだモノの売り方◼︎



カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR